スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Apple Watch】Apple Payを使ってみた

iPhoneが7 plusなので、今までは、Apple PayをiPhoneで使っていました。
なんとなく、iPhoneの方がセキュリティがしっかりしている気がしていたし。

iPhoneでのApple Payも、ちょっとコンビニに行く時に、わざわざ財布をカバンから出さなくて、iPhoneだけ持っていって決済できるので、超便利ではありました。
でも、iPhoneの場合、Apple Payの決済時にToich ID(指紋認証)を求められるのが、時々うまくいかなくて、ちゃっちゃと支払いできないことがありまして、イラッとすることも多いんですよ。
(特にトイレを借りた後とか、指が濡れている時に多いです)

そこで、iPhoneよりはセキュリティ的にイマイチなのかな、と思っていたApple Watch series2でのApple Payにチャレンジしてみました。

事前にiPhone側でApple Payの決済に使うカードを登録しておけば、支払う時は、Apple Watchの右下のボタンを2回押すだけ。
たったこれだけで、決済できてしまいます。

もちろん、Apple Watchは自分が身につけている時はロックが解除されていますが、肌身から離すとロックがかかって、全く使えなくなります。
ロック解除には、4桁のパスコードの入力が必要なのは、iPhoneと同じです。

セキュリティ的にイマイチじゃん、と思っていたのは、ただの思いこみ。
自分の腕に着けている限り、セキュリティ的に問題ないわけで、ボタン2回クリックで決済できる。

なんて、簡単で便利で楽なんだろう!

ということで、家電量販店でも、Apple WatchはApple Pay機能の充実しているseries2の方が売れているとか。
納得。

iPhoneのApple Payでもめんどうだなあ、と思っている人は、ぜひApple Watch series2を買って、すごく便利なApple Payデビューしましょう!

関連記事

【Apple Watch】充電ケーブル付充電台がお得!

Apple Watchを使っていて、避けて通れないのが毎日の充電ですよね。
これだけは、今までソーラー充電のG-SHOCKを使っていた僕でも、早いうちに液晶パネルがソーラー充電対応になって欲しいと思うばかりです。
でも、マグネットでの充電ケーブルの充電は、ピタッと付けるだけと以前に使っていたカバーを開けてコードを繋ぐ必要の合ったSmart Watch3よりは圧倒的にやりやすくてストレスがありません。

さて、本体を買って同梱されるのは充電ケーブル1個。
この充電ケーブルでなければ、Apple Watchは充電できません。

ガジェットオタクとしては、予備の充電ケーブルは常備しておきたいもの。
しかし、純正の充電ケーブルは高いんですよね~。



Amazonで3,600円くらい。
Apple直営店でも3,200円(税別)で税込み3,456円します。
まだ、安いサードパーティ製の充電ケーブルは出てません。

そこで、僕が目をつけたのが、「Poweradd Apple Watch専用磁気ワイヤレス充電ケーブル 充電スタンド付き」です。



充電台と充電ケーブル込みで、3,999円!
充電ケーブル単体で買うよりは、断然、お得です!

届いた商品がこちら。

20170120_124323856_iOS.jpg

安っぽさは感じません。
この充電台は枕元に置いて使うので、十分です。

充電台に載せて充電している間、Apple Watchは、時計盤を表示してくれます。

20170120_124427797_iOS.jpg

縦表示は腕につけている時と同じ表示で、横表示はデジタル表示になります。

20170120_124454589_iOS.jpg

これなら、オフィスデスクに置いて使うのもありですね。

本体に同梱していた充電ケーブルは、カバンに入れて持ち歩くことにしました。
モバイルバッテリーも常に持っているので、これで出先での充電切れもありません。

もっとも、Apple Watch series2は、電池の持ちがよく、1日使っても50%以上残っていることもあるので、バッテリーがなくなって大変というシチュエーションは、すごく少ないんですけどね。
関連記事

【Apple Watch】音楽鑑賞はSiriで選曲が超便利!

iPhoneと組み合わせることで、色々と便利な使い方があるApple Wacthについて、今回は音楽鑑賞時の便利な使い方を紹介します。

僕はiPod時代からiTunesで音楽を管理して、iPhoneで音楽鑑賞をしています。
会社の車でも、Bluetoothレシーバーを装備して、iPhoneの音楽を流して運転しています。

・【iPhone】Bluetooth接続のFMトランスミッターで車の移動も音楽を聴いて快適!

運転中にスマホの操作をするのは、ポケットから出して操作してという流れを信号待ちの時にするのも、結構慌ただしくて危険です。
ふと「あの曲を聴きたいな」と思った時に、今までだとコンビニの駐車場に駐車している時に選曲するとかしていました。
でも、Apple WatchのSiriを使うと、かなり手早く選曲することができるのが、ハンパなく便利です!

Apple WatchのSiriは、Apple Watchに「Hey Siri!」と呼びかけるか、右上のDigital Crownの長押しで起動します。

「Hey Siri!」と呼びかけた時

20170120_003249000_iOS.png

Digtal Crown長押しの時

20170120_003254000_iOS.png

その後、聴きたい曲のアーティスト名と曲名をApple Watchに話しかけると、そのままその曲を再生してくれます。

20170120_003409000_iOS.png

20170120_024310000_iOS.png

また、その曲をリピート再生したいときも、Apple WatchのSiriに話しかけるだけでOKです。

20170120_003431000_iOS.png


離れた位置にiPhoneやBluetoothスピーカーを置いて音楽を聴いている人も使える技なので、ぜひ使ってみてくださいね。
さすがに、電車の中でApple Watchに向かって話しかけるのは、恥ずかしくてやりませんが(苦笑)。



関連記事

Apple Watch series2をゲット!特によかった点3つ

今更感はありますが、Apple Watch series2を昨年末にゲットしました。

20170118_021511113_iOS.jpg

自分へのクリスマスプレゼントですね。
Apple Watchは、初期モデルが防水性能がイマイチなことや電池の持ちがイマイチなことや処理速度が遅いことなど、色々とマイナス要素を聞いていたので、敬遠していました。
でも、siries2になって、防水性能も上がり、電池の持ちも良くなり、処理速度も倍になったということで、使うことを決めました!

今日は、Apple Watch siries2をゲットして初めてのブログなので、年末から3週間くらい使って便利だと思っているよかった点3つをご紹介します。

①iPhoneをポケットに入れていても遠くにあっても通知がわかる
当たり前だけど一番重要な機能は、やはり通知ですね。
僕の場合、仕事中は作業着の内ポケットに入れているので、イチイチ取り出すのは結構面倒です。
メール、LINE、Twitterなどの通知が手元で分かるのは、非常に便利です。
また、Apple WatchはBluetooth通信だけでなくWi-Fi通信にも対応しているため、自宅なら家のどこにいてもWi-Fiが届くので、リビングにiPhoneを置いたまま家の中を移動していても、いつでも通知を受け取ることができます。

②着けていることを忘れる軽さと装着感
僕が買ったのは、アルミ42mmのスポーツバンドモデルです。
アルミ42mmの軽さと、スポーツバンドの絶妙な装着感で、一日中着けていても、全く違和感を感じません。
今まで使っていたのが重いG-SHOCKだったこともあり、時々、Apple Watchを着けていることさえも忘れてしまいます。
入浴と睡眠時以外は着けるものなので、非常に重要な良かったポイントです。

③マインドフルネス、心拍計でストレス対策ができる
心拍計で、自分がいつストレス過多になっているのかわかり、Wacth OS3になって搭載されたマインドフルネス(深呼吸)アプリで深呼吸をして落ち着きを取り戻すように心がけています。
まだまだ活用できているとは言えませんが、何か行動を起こす時に、一呼吸置いてから物事にあたることができるのは、一日中多くのストレスに晒される生活の中では、ありがたいですね。

以上、僕のApple Watch siries2を使った所感でした。
気になっている人は、ぜひ店頭で試しに着けて買ってみて、ワクワクする世界に一緒に来てみませんか?

関連記事

【Surface Pro 4】Microsoftが値下げ実施!買い時!?

お久しぶりです。とりあえず、生きている静鈴です。

昨日(平成29年1月16日)、MicrosoftがSurface Pro 4の各モデルの値下げを発表しました!

surfacepro4.jpg

surfacepro4_nesage.jpg

ちなみに、この一覧にないCore M 128GBモデルは、家電量販店で税別99,800円(在庫限り)で販売されていました。(静鈴調べ)

僕的には、Core Mモデルの在庫があるうちに買うのが、ベストな選択だと思いますね。
Surface Pro 4でヘビーな作業をしない人なら、安いCore Mモデルで十分です。

いずれにしても、いよいよ新製品のSurface Pro 5の発表が間近なのかなあ。

個人的に資金難でSurface Pro 4に買い換えることはできないのですが、Surfaceを持っていない人なら、買い時ですね。



関連記事

スポンサー

プロフィール

静鈴

Author:静鈴
今使っているメインガジェットは

スマホ:
 iPhone 7 Plus(au)

タブレット
 Surface Pro 3
 iPad Air 2(仕事用)

です。
しょっちゅう買い換えていますが・・・(^^ゞ

検索フォーム
スポンサー
最新記事
スポンサー
リンク
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。